医師との相性も大事|脂肪吸引で得るナイスボディ

スラリと伸びた脚を実現

足

自分の脚を確認しよう

ダイエットしても中々細くならない部位に、太ももがあります。中には、必死に運動したら筋肉がついてしまい、反って太くなってしまった、という方もいるのではないでしょうか。そんな太もものシェイプアップに最適なのが、脂肪吸引なのです。脂肪吸引は手軽に、確実に、あなたの太ももを細く変身させてくれる優れた施術です。しかし、太ももの脂肪吸引を受ける前に、一つ押さえておきたいポイントがあるのです。それは、施術前の脚の状態が施術にも影響を与えるという点です。脂肪吸引は確かに優れた施術ではありますが、それさえ行えば何でもできてしまう、という魔法の施術ではありません。まず、今の自分の太ももをよく観察してみてください。「太ももに肉がついている」と言いますが、それは確かに脂肪でしょうか。筋肉が張っているために太く見えている場合には、脂肪吸引をしても細くできる限界があります。また、「私は大丈夫、脂肪がタップリついているから」という方でも、あまりにゴッソリと吸引し過ぎてしまうと、皮膚にたるみが生じるなどのトラブルが起こる可能性もあります。脚は、太さも大切ですが、要はバランスです。例えば、筋肉が張っていてあまり脂肪が吸引できない場合でも、形が整うことでスラリと長く見えるようになるのです。ですから、吸引量にこだわるよりもバランスに注意して脂肪吸引を受けましょう。スラリと伸びた太ももに日を浴びて、さっそうとミニスカート姿で闊歩しましょう。

ダウンタイムを計算しよう

太ももを細くするための最強施術、脂肪吸引ですが、やはり考慮しておきたいのがダウンタイムです。どの程度のダウンタイムが必要になるか、施術前に自分の環境に合わせて確認しておきましょう。脂肪吸引後は細さが安定するまで、吸引箇所を圧迫する必要があります。ですから、例えば制服などを着る必要がある方は、専用の圧迫下着を身に着けても違和感がないよう、厚手のタイツなどをはく時期に合わせて、施術を行った方がいいでしょう。そうすれば自然に隠せますので、周りの方から奇異な目で見られる心配もありません。また、営業や接客業など動き回る仕事の方は、できれば1週間ぐらいは休みを取った方がいいでしょう。仕事がら休みがとりづらいという方は、夏休みなどなるべく長期の休みに入る前に施術を受けるのがおすすめです。ただし、いずれの場合も日常の動作は多少痛みが残っていても普通に行った方が良いのです。ことさら安静にすることなく身体を動かすようにしましょう。薬を飲むことに抵抗を覚える方もいますが、クリニックより処方される痛み止めは、むしろ積極的に使った方が術後の回復を助けます。上手に使いましょう。ダウンタイムは一過性のものです。いたずらに不安に思うことなく、前向きに乗り切っていきましょう。